郵便はがき

様々な種類がある圧着ハガキを作成しよう

着圧はがきの開け口

最近は圧着ハガキをよく見かけるようになりました。圧着ハガキは、一見ハガキのように見えますが、裏を見ると剥がす箇所があり、ぺりぺりとシールのように剥がすとさらに情報が記載されているというようなハガキです。裏の接着部分は特殊な糊で貼られていて、一度剥がすともう接着できないのも利点です。なぜなら、自分以外の人が見ることはできないからです。そのため、様々な個人情報を載せることもできます。圧着ハガキは、オープンしたばかりのお店やスーパーなど多くのお店が広告郵便として取り入れています。ハガキと同様の郵便物なのでコストをおさえられる他、剥がすだけなので開封率が良く、多くの人に見てもらえるというメリットがあります。圧着ハガキの作成は業者に依頼するのが簡単でおすすめです。自分で作成するよりもプロにお任せした方が仕上がりも良いです。圧着ハガキには色々な種類があります。多くはハガキと同じサイズで裏が二つ折りになっているタイプですが、例えばA4ほどの大判のサイズのものもあれば、往復返信ハガキつきのタイプのものなどもあります。用紙にも種類があり、普通の紙の他、光沢がありツルツルした素材のものもあり、そちらはよくカラーの広告として利用されています。様々な種類があり便利な圧着ハガキを業者に作成してもらいましょう。